人生は一瞬一瞬の感情の選択 自分が何者になるかは自分の自由

今日ひとつの出来事がありました。

「彼女は何をしてもほめられる。ありがとうって言ってもらえる。やってあたり前のことしてるだけじゃん。私の方がもっともっといろんなことしてて大変だったのに、私がやっていた時はやっていることさえ誰も気づいてくれなかった。」

最近溢れかえった私の仕事を見かねて、ボスが業務の一部を引き受けてくれる女性を探してきて引継ぎがはじまったのです。本来なら感謝して喜ぶべきことのはずなのになぜか心がザワザワと落ち着かないのです。 どうしてザワザワするのか自分の感情を丁寧に見つめてみました。

この感情を否定しないでそのまま受け止めてあげる。 まず気付いたことを喜ぶ。 そしてあきるまで感じつくす。 一瞬心が空っぽになるような瞬間がある。 その時にふわっと言葉やイメージがおりてくる。 そのメッセージに丁寧に気づく。

「だっていつもしんどそうだったから楽になってほしくて彼女を連れてきたんだよ。彼女に任せて僕らは楽しく話したりしながらこれからも一緒に頑張ろうよ。 いい子を見つけてきたでしょ。 ほめてほしいなぁ。」

本来こんなことを言うボスではありませんから、(なんだこのメッセージ?!) って思いましたが、イライラするもいい加減疲れたって思っていたからクスッて笑えました。 そうそう、会社からみたらコストが増えるだけ。 なのに私のためにはメイドさんが用意されるなんて「私は女王様💛」 ニコニコする以外ないじゃん!    (そうとう歪んだ場面設定ですが、なりきって楽しむ💛)

するとですね、自分が「ふわり劇場」の主人公のような気になってこの設定も楽しめちゃうんですね。 そして気づきます。 ネガティブな感情は私の選択だった。 ストーリー変えたら私ってとても幸せだった。

この一瞬一瞬の選択の積み重ねが人生なのだから、人生って自分で作っていくものなんだと実感する。

自分の感情に気付くためのツールが集中型の瞑想。 気付いたらその先は展開型の瞑想でFOCUSする設定を自由に変えられます。
すると自分は何者にだってなれる。 これが本当の「FREEDOM 自由」なのかな。

関連記事

  1. 夏至の瞑想

  2. インコと瞑想

  3. 瞑想で周波数が変わったことをタロットで感じる

  4. 瞑想で運命が変わる!

  5. 冥王星が順行したのにあわせて

  6. ある投資家の方の一言が刺さった

  7. 集中型と展開型瞑想法

  8. 瞑想は望む現実を創るツール 「七夕のお願いごとは何?」