金融占星術 「金星と水星のコンジャンクション」は相場の転換点でしたよ

最近株価は波乱気味。 なので、今日は金融占星術を少し。

ホロスコープ上の金星の動きが転換点(変化日)を表すことが多いと言われています。

重要変化日として下記があげられているのですが、、
1.金星のイングレス(サインチェンジ)
2.金星と火星のアスペクト
3.金星と土星のアスペクト(セクスタイルを除く)
4.金星と天王星のアスペクト
5.金星の留

直近で印象的だったのが、10月15日の22,261円の直近安値をつけた時でしたよね。

果たしてその時、金星はアスペクトをとっていたのでしょうか

→ さそり座で「金星と水星のコンジャンクション(0度で重なること) 」

が形成されていました!

この日を境に、株価はいったんリバウンドを開始していますね。

この日を狙って、(いったんの底値をたたいたとみなして)買いをいれれば、500円くらいは値幅をとれたことになりますね。

日経先物225ミニ10枚でも、50万円。

いて座木星期のラッキーアクション→海外旅行に行けちゃいます!

行先は、もちろん、ホロスコープから「パワーゾーン」を狙いましょう。http://rose-fuwari.com/power-zone/

念のため!

このタイミングで「買い」で迷わず入れるためには、

・RSI-26 だったり、他の指標が売られすぎを示していたこと

・ロスカットラインを決めておくこと

など他の要素も加味しています。 そこに、星からのアドバイスがあったら「背中押し」ですね。

上記1〜5には、「金星」と「水星」はあげられていませんが、「水星」はもともと株価に影響する星なので、私はさっそくGaractic Trader に「金星と水星のコンジャンクション」が現れるように設定しました。

また続きを書きますね。

関連記事

  1. 瞑想は望む現実を創るツール 「七夕のお願いごとは何?」

  2. 6月xx日 225先物と瞑想を組み合わせた投資の風景

  3. ふわり流投資メルマガの構想

  4. インコと飼い主さまのホロスコープで感動しました

  5. ふわり流金融占星術を始めます。

  6. かに座新月の翌日 ふわりのセッションへの想い

  7. つぶやきながら瞑想をしてみたらとても心地よかった。。

  8. 山羊座満月 具現化したいことを考えた日